DSpace 札幌学院大学
 

Sapporo gakuin university >
札幌学院大学論集・紀要類 >
札幌学院大学経営論集 >
No.10 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10742/2059

タイトル: Bitcoinの貨幣らしさ : 価格変動の特性から
その他のタイトル: “Is Bitcoin a Money?”
著者: 玉山, 和夫
TAMAYAMA, Kazuo
発行日: 1-Sep-2016
出版者: 札幌学院大学総合研究所
抄録: 本稿はBitcoinは貨幣と呼べるものかどうかを検証するものである。結論から言えば,最近は曖昧な部分もあるが,誕生以来の動きを見る限り,Bitcoinは貨幣とは言いがたい。ただし,ここでいう貨幣らしさとは,価格変動の特性からのそれをさしており,それ以外の意味については考慮していない。価格変動の特性とは,基本的には日次価格変動において,大変動が価格変動全体の趨勢と一致する,または小変動が全体の趨勢と一致しない場合,これを貨幣らしいとするものである。これは玉山2015.8で定義し,玉山2015.2との関係から本稿でその基準を整理しなおしたものである。この基準は実際の貨幣および貨幣らしい資産と,貨幣というよりは投資対象である資産との違いを,その価格変動を観測することで得られた知見による。
内容記述: 論文
Article
URI: http://hdl.handle.net/10742/2059
ISSN: 1884-1589
出現コレクション:No.10

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KER-10-001.pdf46.68 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! 札幌学院大学総合研究所
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
電話:011-386-8111(****)