DSpace 札幌学院大学
 

Sapporo gakuin university >
札幌学院大学論集・紀要類 >
札幌学院大学人文学会紀要 >
第99号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10742/2030

タイトル: 深海底堆積物と層状チャートの成因について
その他のタイトル: Origins of Abyssal Sediments at the Present and Bedded-chert at the Geological Age
著者: 小出, 良幸
KOIDE, Yoshiyuki
キーワード: 層状チャート
珪質軟泥
石灰質軟泥
深海底粘土
深海底堆積物
bedded-chert
siliceous ooze
calcareous ooze
pelagic clay
pelagic sediments
発行日: 1-Feb-2016
出版者: 札幌学院大学総合研究所
抄録: 現在の深海底には,珪質軟泥,石灰質軟泥,深海底粘土が堆積している。それぞれの堆積物の成因は違う。陸上でみられる地質時代の深海底堆積物とされるものは,層状チャートを主とし深海底粘土を少量伴っている。地質時代と現世の深海底堆積物の違いは,石灰質軟泥の溶解と深海底粘土の堆積速度によって説明可能ではあるが,すべてを説明できるわけではない。なかでも層の形成メカニズムは重要な課題となっている。
Siliceous ooze, calcareous ooze, and pelagic clay deposit at the present abyssal sea. The origins of these sediments are different. The abyssal sedimentary rocks on land consist mainly of beded-chert, and slightly abyssal clayrock. The differences of abyssal sediments between the present and geological age could be explained by dissolution of calcareous ooze and sedimentary speed of abyssal clay. All differences, however, could not be revealed. It is an important theme of the relationship of abyssal siliceous ooze and geologic bedded-chert.
内容記述: 論文
Article
URI: http://hdl.handle.net/10742/2030
ISSN: 0916-3166
出現コレクション:第99号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JB-99-017.pdf2.53 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! 札幌学院大学総合研究所
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
電話:011-386-8111(****)