DSpace 札幌学院大学
 

Sapporo gakuin university >
札幌学院大学論集・紀要類 >
札幌学院大学人文学会紀要 >
第92号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10742/1724

タイトル: 島弧-海溝系における付加体の地質学的位置づけと構成について
その他のタイトル: Geological Significances and Constituents of Accretion Wedge in Island arcs
著者: 小出, 良幸
KOIDE, Yoshiyuki
キーワード: 付加体
島弧−海溝系
海洋プレート層序
オフィオライト
accretionary wedge
island arc - trench system
oceanic plate stratigraphy
ophiolite
発行日: 1-Oct-2012
出版者: 札幌学院大学総合研究所
抄録: 付加体とは,海洋プレートが沈み込む海溝付近で形成される特異な地質体である。島弧−海溝系では堆積作用,火成作用,変成作用,付加作用が起こっているが,作用には固有の性質を持つ過程も多く,島弧の地質学的な特徴をもたらしている。なかでも付加体は,島弧−海溝系の解明に重要な役割を果たすだけでなく,島弧から大陸へと成長していく可能性もあり重要な鍵となると考えられている。付加体の地質学的に重要な位置づけを示し,その構成物の特性を概観した。
Accretion wedge is the geological body formed around the trench subducted an oceanic plate. The processes of sedimentation, magmatism, metamorphism and accretion occur in island arc - trench system. Many of their geological characters are original and uni
内容記述: 論文
URI: http://hdl.handle.net/10742/1724
ISSN: 0916-3166
出現コレクション:第92号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JB-92-001.pdf7.05 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! 札幌学院大学総合研究所
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
電話:011-386-8111(****)