DSpace 札幌学院大学
 

Sapporo gakuin university >
札幌学院大学論集・紀要類 >
情報科学 >
第33号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10742/1709

タイトル: 苗字・名前ランキング並びに地名データに於ける音韻パターンの選択則
その他のタイトル: Selection Rules for Phonemic Patterns in Japanese Names concerning Families, Persons,and Places
著者: 早田, 和弥
HAYATA, Kazuya
キーワード: 語彙統計
氏名分析
地名学
音韻法則
枕詞
Vocabulary Statistics
Name Analysis
Toponymy
Phonemic Law
Pillow Words
発行日: 12-Mar-2013
出版者: 札幌学院大学総合研究所 情報科学研究部会
抄録: 統計的手法に拠り,標記日本語語彙データに於ける音韻パターンの解析を行った結果を示す.データ規模は,苗字と名前に対して共に三千,地名に対して約二千である.名前に就いては性別毎に解析し,地名に就いては全市町村並びに郡を対象としている.更に比較の為,日本酒銘柄及び枕詞に対しても同様な分析を行っている.単語中の母音配置を解析した結果,現代地名に就いてはこれが確率法則に従っていると判定されたが,苗字と名前及び古代郡名に就いては各々特徴的な分布を示した.これらのうち苗字と古代郡名に於いては,日本語基礎語彙の音韻パターンと基本的に一致することを確認したが,名前に於いては男女共これと著しく異なる極めて特異なパターンを生じた.即ち,男子名,女子名共に近接する母音間で同音回避が顕著であり,特に男子名に於いてこの傾向が強いことが分かった.
Phonemic patterns of Japanese name data for families, persons,and places are analyzed statistically, where, in addition to cities, towns,and villages, ancient and modern counties are contained in places. For both families and persons the scale of the data
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10742/1709
ISSN: 0288-7630
出現コレクション:第33号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JK-33-001.pdf708.6 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! 札幌学院大学総合研究所
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
電話:011-386-8111(****)